【勝手な行動は法令違反】漁業系廃棄物について

【勝手な行動は法令違反】漁業系廃棄物について

廃棄物

漁業系廃棄物を知ろう

何をするにも廃棄する物は出ます。飲食店でも買取店でも同じです。漁業の世界でも廃棄物があります。しかし漁業の場合は呼び名が違い、漁業系廃棄物と言います。漁業系廃棄物というのは、その名の通り漁業を行う上で出た廃棄物を言います。その廃棄物には法令が定められているのです。

船

漁業系廃棄物の種類

種類は多々あります。木くず紙くずはもちろん、繊維や魚の死骸や貝殻なども種類に入ります。これらは漁業系廃棄物の一般廃棄物とされています。漁業系廃棄物の産業廃棄物というのはFRP廃船、フロートガゾリンなどを言います。これらを勝手に処分することは法令違反となるので、漁業系廃棄物の処分は専門の業者に任せた方が良いです。

廃棄物

漁業系廃棄物の収集業者のサービス

漁業系廃棄物は専門の業者に処分してもらった方が安全です。こうした漁業系廃棄物処分を行っている業者では、船の買取サービスなどもあります。また中古販売も行っているので、漁業関係者にとって注目すべき業者なんですよ。

船の大きさの比較

5トンから10トンの船

・沿岸漁業向けの大きさ
・いわゆる小型漁船

20トンから150トンの船

・沖合漁業向けの大きさ
・いわゆる中型漁船

広告募集中